コピー機の機能

コピー機は、1779年イギリスの発明家ジェームズ=ワットにより考案されました。現在、コピー機は1枚当たり数円でコピーをすることができ、1枚10円でコピーできるコンビニのコピー機を利用するよりはるかに安くコピーできます。1分間に20-30枚ほどの印刷が可能です。カラーでの印刷性能が高く、コピーの能力にのみ特化されている印刷機と違い、ファックス機能、写真の印刷機能、フィニッシャー機能、スキャナ機能など、様々な機能が付加されている複合機も登場しています。

さらに、使っていない時は自動で電源がOFFになったり、そこの会社での使用状況を学習して自動で電源管理を行う節電機能や、不正な情報の持ち出しを追跡したり、プリントの持ち去りや取り間違えを防止するセキュリティ機能が加わっているものもあります。耐久性もとても高く、数十万枚程度は美しく印刷を仕上げることが出来て、レーザー方式(トナーという色つきの粉のようなものを高温で紙に焼き付ける方法)を使って印刷するため、耐水性にも優れています。場所は70センチ×70センチほどのスペースがあれば十分設置できるため、それほど場所を取りません。

コンビニなどで代用できるほど印刷頻度が少ない場合を除いて、オフィスに1台置いてあるととても便利で節約にもなります。コピー機を1日からレンタル・リースしてくれるサービスもありますし、期間限定でしか使わないという場合はこれらのサービスを使っても良いですね。